Facebookページのリーチ数や投稿のいいね!を増やすための15の方法

【この記事の所要時間:約 9 分】

facebook-like-s

Facebookページを運用する上で、常に意識しなければならない項目の一つにリーチ数というものがあります。

リーチ数とは、ページのコンテンツを見たユーザー数のことで、下図のように投稿の最下部に、「○○人がこの投稿を見ました」と何人にリーチしたのかが数値で表されます。

fb-r-s

このリーチ数には、オーガニック、有料、クチコミの3種類が含まれ、数値にマウスオンすると内訳が表示されます。

リーチ数が増えるということは、それだけ多くの人に情報が届いたということになり、露出増加、反応の増加を期待することができます。

しかし、実際にFacebookページを運用してみると、ファンの反応が思いのほか少なく、リーチ数が伸びないことが多々あります。

そこで、今回はファンの反応を高め、リーチ数を最大化するための方法を15個、紹介します。

エッジランクとは

本題に入る前に予備知識として、エッジランクについて紹介します。

エッジランクとは、Facebookのニュースフィードに表示させる情報を選定するためのFacebook独自のアルゴリズム(仕組み)のことです。

edgesrank-s

ユーザーがFacebookページに「いいね!」をすると、Facebookページのファンとなり、Facebookページの投稿がニュースフィードに表示されるようになります。

ニュースフィードの表示方法には、ハイライトと最新情報の2種類があり、ハイライトには、個人ごとに最適化された情報が表示される仕組みになっており、その仕組みのことをエッジランクと言います。

このハイライト表示がデフォルトのユーザーが多いので、エッジランクが低いとFacebookページのウォールに記事を投稿しても、ファンのニュースフィードに表示されません。

したがって、エッジランクを正しく理解し、高める必要があります。

エッジランクを構成する4要素

エッジランクを構成する要素は、Affinity(親密度)、Weight(重み)、Time(経過時間)、Negative Feedback(ネガティブフィードバック)の4つです。

これら3つの要素のスコアがFacebook独自のアルゴリズムで総合的に判断され、ニュースフィードに表示するかどうかが決まります。

1. Affinity(親密度)

親密度とは、Facebookページとファンとの関係性の強さで、どれだけファンとコミュニケーションしているのかを指します。

どのコミュニケーションが対象範囲になるかは公開されていませんが、少なくとも以下は対象となっています。

  • 投稿へのいいね!、コメント、シェアをした回数
  • ソーシャルプラグイン上でいいね!、コメント、シェアをした回数
  • ファンがFacebookページを見に来た回数やFacebook上で過ごした時間
  • Facebookページにメッセージや書き込みした回数
  • Facebookページにタグ付けした回数
  • Facebookページのプロフィールを閲覧した回数

これらの回数や時間が多い方が、Facebookページとファンの親密度が高いと判断されます。

2. Weight(重み)

重みとは、それくらい多くの人に半のされているか、また、どのような反応を得られているのかを指します。

  • 投稿にいいね!やコメント、シェアした人数
  • メッセージやタグ付けした人数
  • 投稿にどのようなリアクションが付いたか

一般的に、投稿のリアクションは、いいね! < コメント < シェアの順に重み付けされていると言われています。

3. Time(経過時間)

経過時間とは、Facebookページからの投稿が情報としてどれくらい新鮮かを表したものです。

  • 投稿されてからの経過時間
  • 投稿にいいね!、コメント、シェアがついてからの経過時間

新しい投稿、また、過去の投稿だとしても直近で、いいね!やコメントなどが付いた投稿の重要度が高いと判断されます。

4. Negative Feedback

ネガティブフィードバックは、投稿に対する否定的なアクションが、多く蓄積されたFacebookページの投稿は表示されにくくなるというものです。

具体的に、Facebookは、以下の4つのアクションをネガティブフィードバックとして定義しています。

  • Facebookページのいいね!を解除する
  • 投稿をスパムとして報告する
  • ファンが特定の投稿を隠す
  • ファンが全ての投稿を隠す

Facebookページがこれらのアクションを多く受け取ると、その後、ウォールの投稿や広告がファンに表示されにくくなるとしています。

以上がエッジランクについての説明です。

エッジランクが低いとFacebookページのウォールにコンテンツを投稿しても、ファンのニュースフィードに表示されないことから、Facebookページの運用においてはエッジランクを高めることがとても重要とされています。

これから紹介する方法を実践することにより、Facebookページのエッジランクを高めて行きましょう。

1. ウォール投稿する文章を短くする

salesforce marketing cloudの調査レポートによると、80文字以下のウォール投稿は、いいね!やコメントの反応が27%高いという結果が出ています。

英語80文字を日本語に換算すると全角40文字程度の文章となります。これを一つの目安に、簡潔な投稿をしましょう。

2. ウォール投稿頻度を1日2回までにする

Facebookページでは、むやすみ投稿数を増やすよりも、数を絞ったほうが反応が高くなります。

トライバルメディアハウス社の調査結果では、「1日2回以上に頻度を増やしていくと、反応が減る」という結果が出ています。

このデータからも、ファンの反応を高く保つためには、投稿を「週5~7回」投稿するのが最適と言えます。

参考:Facebookページの最適な投稿頻度は? ~1,255社のFacebookページを集計~ | コミュニケーションゼンブノセZ

3. リーチ率の高い時間帯に投稿する

トライバルメディア社の調査結果によると、曜日別のデータでは、「土日」の反応が高く、金曜日が最も反応が悪い。

時間帯別のデータでは、6時台が最も反応が高く、続いて、17時台の反応が高い、という結果が出ています。

これらのデータから「土日の朝6時台」の投稿が反応が高いということが分かります。

参考:Facebookページの投稿が一番反応されるのは、何曜日の何時?~2,000社のFacebookページを集計~ | コミュニケーションゼンブノセZ

4. 更新通知の設定を促す

Facebookページのファンになってもらうだけではなく、お知らせ(更新通知)を受信するように設定を促します。

これにより、Facebookページでウォール投稿をする度に、受信者には通知が届くようになり、投稿を見てもらえる確率が高くなります。

facebook-op-7-s

ページの更新通知を受け取るためには、上図のように「いいね!しています」ボタンにマウスオーバーと出てくる「お知らせを受け取る」をクリックしてもらいます。

5. ターゲットを絞り込む

Facebookにはウォール投稿の際に、性別、交際ステータス、年齢、趣味、言語などの切り口でターゲットを絞り込む機能があります。

facebook-op-5-s

例えば、女性向けのコンテンツを投稿する場合、男性も含んだすべてのターゲットで投稿してしまうと、その投稿に対する男性からの反応は減ります。

ターゲットの絞り込みが必要な場合、この機能を活用し、投稿の内容に合わせて、ターゲティングしましょう。

6. Facebookクーポンを使う

Facebookクーポンとは、Facebookページ上で作成・投稿し、Facebook上でユーザーに配信できるクーポンのことです。

Facebookクーポンを利用すると、「ファンを顧客に変えることができる」「ファンの友達にクーポン情報を広められる」といったメリットがあります。

fb-c-s

なお、Facebookクーポンに関しては、ソーシャルメディアマーケティングラボさんの『Facebookクーポンを活用!成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識』で詳しく紹介しているので、チェックしておこう。

7. ダイレクトに行動を促す

ファンにリアクションを取ってもらいたいということをダイレクトに明記したり、お願いします。

以下のように明記することでファンに行動を喚起させることができます。

  • いいね!してください
  • シェアしてください
  • コメントをお願いします

8. 写真や画像、動画を活用する

写真や動画は近況と比較して、ニュースフィードの専有面積が大きいことから、ファンの目を引くことができます。

また、エッジランクの観点から見ても、近況より写真、動画を高く評価する傾向にありますので、有効的と言えます。

9. 穴埋め形式の投稿をする

穴埋め形式の質問を投げかけることによって、コメント数を大幅に増やすことができます。

fbqs-s

上図のように「吹き出しの中に言葉を入れるとしたら、どんな言葉を入れますか?」というようなユニークな穴埋め投稿を行うと、より効果的です。

10. 質問をウォールに投稿する

ファンとのコミュニケーションには、質問形式のウォール投稿が効果的です。

投稿に質問を交えることによって、エンゲージメント率(ファンの反応)の増加を期待できます。

また、salesforce marketing cloudの調査レポートでは、質問形式の反応は、他のウォール投稿に比べて15%も高い。という結果も出ています。

11. 無料、割引きなどの特典をつける

Facebookページのファンとの信頼関係が築けてくると、Facebookページのファンは、あなたからのオファーを受け入れてくれるようになります。

その際に最大の反応を得られるキーワードは、「無料」「○○円 引き」の2つです。

したがって、セールスを行う際は、この2つのキーワードを含めたオファーを提示しましょう。

12. 心に響く名言や笑えるネタを投稿する

ユーザーに人気のあるコンテンツに、心に響く名言や格言、笑えるネタなどがあります。

こういった投稿は、ファンの共感を集めることができるため、エンゲージメント率を高めることができます。

全てのFacebookページにマッチするわけではありませんが、あなたのFacebookページに当てはまるような名言や格言、笑えるネタを考えて、投稿しましょう。

13. 短縮URLを使わない

salesforce marketing cloudの調査レポートによると、短縮URLをウォールに投稿するよりも、独自のURLを採用した方が3倍、反応が高まるという結果が出ています。

短縮URLの場合:http://bit.ly/1gmr9mf
独自URLの場合:http://richmarketing.jp/facebook-optimization.html

ウォールに投稿する際は、短縮URLではなく、独自のURLで投稿するようにしましょう。

14. コメントに対する反応を早くする

投稿したコンテンツに対して、ファンがコメントをした場合、出来るだけ早く返事をすることが大切です。

Facebookページには、コメントされた場合、メールで通知を受け取る機能があるので、「Facebookページを編集 > 設定を編集 > お知らせ」から設定しておこう。

facebook-op-2 -s

15. プロモーテッド・ポストを使う

プロモーテッド・ポスト(ページ投稿の広告)とは、ユーザーのニュースフィードに表示される広告です。

下図のように、Facebookページタイムラインの投稿の右下にある「宣伝する」をクリックすることで配信設定ができます。

fb-pa-s

プロモーテッド・ポスト(ページ投稿の広告)は、数百円から出稿が可能で、他の広告に比べCTR(クリック率)が高いことから、手軽に多くのファンに投稿を届けることができる広告と言えます。

参考:Promoted Posts | Facebookヘルプセンター

最後に

最後にFacebookページのリーチ数や投稿のいいね!を増やすための15の方法を列挙します。

  1. ウォール投稿する文章を短くする
  2. ウォール投稿頻度を1日2回までにする
  3. リーチ率の高い時間帯に投稿する
  4. 更新通知の設定を促す
  5. ターゲットを絞り込む
  6. Facebookクーポンを使う
  7. ダイレクトに行動を促す
  8. 写真や画像、動画を活用する
  9. 穴埋め形式の投稿をする
  10. 質問をウォールに投稿する
  11. 無料、割引などの特典をつける
  12. 心に響く名言や笑えるネタを投稿する
  13. 短縮URLは使わない
  14. コメントに対する反応を早くする
  15. プロモーテッド・ポストを使う

冒頭でもお伝えしましたが、Facebookページのファンの数が増えても、ファンのニュースフィードに投稿が表示されなければ、反応を得ることはできません。

ぜひ、ここで紹介した15の方法を実践し、ファンの反応やリーチ数増加に役立てて頂きたい。


シェアする

最新情報の受け取り方法

わざわざブログに訪問しなくても、リッチマーケティングの更新情報を自動で受け取ることができます。一番、便利な受け取り方法をお選びください。

Comments

  1. とても参考になりました。まだまだページのファンは少ないですが頑張ってみます!!
    よければページにいいね!していただけると幸いです。ありがとうございました!!

Speak Your Mind

*