WordPressブログに必ず導入しておきたいおすすめのプラグイン15選

【この記事の所要時間:約 11 分】

WordPressブログに必ず導入しておきたいおすすめのプラグイン15選


WordPressはプラグインを使って、簡単にカスタマイズすることができます。

しかし、WordPressのプラグインというと、星の数ほどあり、どれを使えばいいのか分からないという方も多いのも事実です。

そこで、今回はWordPressユーザーであればインストールしておきたいプラグインを15個、厳選して紹介します。

それでは、1つずつ見て行きましょう。

1. ソーシャルのアクセスを増やすプラグイン

1-1. ShareBar

ShareBarは、ソーシャルシェアボックスを追加するためのWordPressプラグインです。ShareBarの特徴な何より下記の図のようにページをスクロールしても追いかけてくるということです。

wordpress-plugin-2

しかし、ShareBarは海外のプラグインのため、はてなブックマークやプラスワンなどのボタンがありません。そのため、必要に応じてボタンを追加する必要があります。

詳しい設定方法や使い方については、In advance onlyさんが『ソーシャルボタンSharebar(シェアバー)の使い方と設置方法』という記事で紹介しているので、チェックしておこう。

> Sharebar

1-2. WP Social Bookmarking Light

ブログにいいねやツイートのボタンを設置するプラグインは多数あるが、私がおすすめするのは、WP Social Bookmarking Lightです。プラグインを導入すると下記の図のようにブログ記事の上下にソーシャルボタンを表示させることができます。

wordpress-plugin-1

WP Social Bookmarking Lightをおすすめする理由は、日本人が開発したプラグインのため、はてなブックマークなどの日本のサービスに対応しているからです。

プラグインの設定方法については、TY’S EMPTY FLOGさんが『最強のSNSボタンプラグインを更に便利にカスタマイズ』で導入方法や表示箇所のカスタマイズ方法などを分かりやすく紹介しているので、チェックしておこう。

> WP Social Bookmarking Light

1-3. Open Graph Pro

ソーシャルメディアと連携して、ブログに訪問者を呼び込む為には、OpenGraph protocol(以下、OGP)の設定が必要です。

なぜなら、OGPの設定をしていないとブログ上に設置した「いいね!」ボタンを押されたとしても、誰にも拡散しないからです。

読者にいいねボタンをクリックして貰っても、他の人の目に触れる事が少ないので、拡散の確立はかなり少ないと言っていいでしょう。

また、OGP設定ではタイムラインやニュースフィードに表示される説明文や画像を下記の図のように変更できます。

wordpress-plugin-4

OGP設定については、Webと人とアモマ場さんが『WPプラグイン「Open Graph Pro」でFacebookページを楽々更新!エラーも克服!』で詳しく解説しているので、チェックしておこう。

> Open Graph Pro

2. SEO効果を高めるプラグイン

2-1. All in One SEO Pack

All in One SEO Packは内部SEOを細かく設定できるプラグインです。もともとWordPressはSEO的に有効なサービスですが、SEOを考える上で初期の機能では少し物足りないものです。

All in One SEO Packを導入することで、記事単位でブログタイトル(Title)やキーワード設定(Meta Keyword)、検索エンジンに表示される抜粋文(Meta Description)を設定することができます。

wordpress-plugin-5

All in One SEO Packの設定方法や使い方に関しては、インバウンドプレスさんの『WordPressサイトの内部施策を完璧に!All in One SEO Packの使い方』を参考にしよう。

> All in One SEO Pack

2-2. Google XML Sitemaps

XMLサイトマップとは、検索エンジンにサイト内の情報を告知するためのファイルです。XMLサイトマップを作成することで、検索エンジンのクローリングが効率的になり、結果的にSEO上、好ましい状態になります。

Google XML Sitemapsでは、簡単にXMLサイトマップを作成できるだけではなく、ブログ記事を更新する度に、下図のように主要検索エンジンに更新情報を自動通知してくれます。

wordpress-plugin-9

これによって、更新した記事もわずか数分で検索エンジンに表示されるようになります。定番と言えるプラグインなので、ぜひ、インストールしておこう。

> Google XML Sitemaps

2-3. Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、サイトのリンク切れをチェックし、お知らせしてくれたり、修正してくれるプラグインです。

リンクが切れていると、訪問者をガッカリさえてしまいますし、SEO上も好ましくありません。リンク切れを手作業でチェックするのは、記事の数が多くなればなるほど手間がかかります。

Broken Link Checkerは、自動でリンク切れを確認し該当があれば通知してくれるので、ぜひとも導入していただきたいプラグインです。

wordpress-plugin-10

導入方法や細かい設定方法はSEOのホワイトハットジャパンさんが『WordPressにBroken Link Checkerを導入しリンク切れを阻止』で紹介しているので、記事を参考にしながら設定してみよう。

> Broken Link Checker

3. PVを増やすためのプラグイン

3-1. Popular Posts

Popular Postsは、同一ブログ内で人気の記事をリスト表示してくれるプラグインです。このプラグインにはウィジェットがあり、簡単に好きな場所へ設置することが出来るので、初心者の方にもおすすめです。

wordpress-plugin-15

細かい設定はありませんが、人気記事にはてなブックマークのユーザー数を表示させる方法とサムネイルを表示させる方法を紹介します。いずれも『Output』内にある『Output template』に以下のソースコードを入力するだけになります。

はてなブックマークのユーザー数を表示する場合:

</pre>
<ul>
	<li>
<a title="{title}" href="{url}">{title}</a>
<a title="『{title}』のはてなブックマークを見る" href="http://b.hatena.ne.jp/entry/{url}" target="_blank">
<img alt="" src="http://b.hatena.ne.jp/entry/image/{url}" /></a></li>
</ul>
<pre>

人気記事のサムネイルを表示する場合:

</pre>
<ul class="popular_posts">
	<li><a title="{title}" href="{url}">{php: echo get_the_post_thumbnail( {postid}, array(100,100), array('title' => ' {title}' )); }</a></li>
	<li><a title="{title}" href="{url}">{title}</a></li>
</ul>
<pre>

> Popular Posts

3-2. PostPost

PostPostは、簡単に記事や個別ページに定型文を入れることができるプラグインです。毎回手作業で挿入するのはとても非効率です。

PostPostでは、WordPressのテンプレートをカスタマイズすることなく、定型文を挿入することができるので、ぜひとも導入していただきたいプラグインです。

PostPostの設定方法や使い方に関しては、ひなログさんの『定型文管理をラクラクこなせるWordPressプラグイン』で解説しているので、チェックしておこう。

> PostPost

※追記:現在、配布が終了しています。WordPressに最高の機能性と集客効率を実現するプラグイン13選』で紹介しているAdRotateで代用することができます。

3-3. Yet Another Related Posts Plugin

Yet Another Related Posts Pluginは、記事の下部にその記事に関連している記事を表示してくれる便利なプラグインです。

記事に関連した他の記事を表示させることで、より多くの記事を読んでもらうことができます。

他にも関連記事を表示させるプラグインはありますが、私がYet Another Related Posts Pluginをおすすめする理由は、日本語化されている点と後述するスマートフォン最適化プラグイン「WPtouch」にも対応している点です。

プラグインを導入する方法については、ごすてっぷさんの『WordPressに関連記事を表示する!YARPPの導入と設定のコツ』で紹介しているので、参考にしてみよう。

> Yet Another Related Posts Plugin

4. ブログの表示速度を早めるプラグイン

4-1. DB Cache Reloaded Fix

DB Cache Reloaded Fixはブログの表示速度を高速化してくれるプラグインです。

WordPressはページを作成するときに、頻繁にデータベースにアクセスします。クエリ数(データベースへのアクセスする命令した回数)が多いと、データベースへの負荷が大きくなりパフォーマンスに影響します。

DB Cache Reloaded Fixは、データベースのクエリの出力結果など、 データベースとのやり取りをキャッシュしますのでデータベースとの直接のアクセスが減り、クエリ数を減らす効果があります。

記事が多くなってきたり、アクセス数が集中したときにパフォーマンスの低下を抑える効果プラグインですので、進んで導入しましょう。

導入や設定方法については、SEOのホワイトハットジャパンさんの『WordPressを高速化するキャッシュプラグインの導入方法と使い方』で解説されているので、チェックしておこう。

> DB Cache Reloaded Fix

5. 投稿画面を使いやすくするプラグイン

5-1. Tiny MCE Advanced

Tiny MCE Advancedは、一般的な無料ブログのように、投稿画面を使いやすくするプラグインです。

標準のエディターでは必要最低限のボタンしかなく、使い勝手が良くありません。簡単に導入ができますのでビジュアルエディターを使用してWordPressの記事を作成している方はぜひ、導入を検討してみてください。

wordpress-plugin-3

導入や設定方法については、SEOのホワイトハットジャパンさんの『WordPressにTinyMCE Advancedを導入しビジュアルエディターを強化する方法』で解説されているので、チェックしておこう。

> Tiny MCE Advanced

6. スマートフォン最適化プラグイン

6-1. WPtouch

WPtouchはPC対応のWordPressサイトをスマートフォンに最適化してくれるプラグインです。

WP Touchをインストールするだけで、自動的にスマートフォン表示を最適化してくれるので、とても便利です。また、カスタマイズの自由度も高いのでぜひとも導入していただきたいプラグインです。

wordpress-plugin-11

導入や設定方法については、サラリーマンプラスさんの『ブログ/サイトをスマートフォン対応するWordPressプラグイン「WPtouch」の設定方法』で解説されているので、チェックしておこう。

> WPtouch

7. その他・便利なプラグイン

7-1. Pretty Link Lite

Pretty Link Liteは独自ドメインで短縮URLを使うことができるプラグインです。

wordpress-plugin-7-2

URLの短縮ツールというと、「bit.ly」や「Google url shortener」などがありますので、使う必要はないのではという声が聞こえてきそうです。しかし、独自の短縮URLを使うことで得られるメリットも多いので、ぜひ、導入を検討してほしい。

具体的なメリットは以下の4つになります。

  1. 独自ドメインを短縮URLに含められるので、誰が作成した短縮URLか一目瞭然
  2. 短縮URLのリンク先のページが削除されても、別のリンク先を設定し直せる
  3. 意味のある短い文字列を短縮URLに指定できるので、短縮URLを暗記しやすい
  4. クリック数などのデータを他人に覗かれない

また、Pretty Link Liteで短縮したURLはクリック数がカウントされ、以下のようにグラフ表示してくれます。

wordpress-plugin-7-1

> Pretty Link Lite

7-2. Contact Form 7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを簡単に設置することができるプラグインです。

加えて、自動返信メールの送信機能やフォームのカスタマイズの自由度が高く、複数のフォームを作成できるのも特徴です。

設定方法に関しては、ワードプレスの使い方さんの『WordPressに問い合わせフォームを設置するプラグイン「Contact Form 7」』で紹介されているので、チェックしておこう。

> Contact Form 7

7-3. Akismet

Akismetは、WordPressに最初からインストールされているもので、スパムコメントの数をほぼゼロにしてくれるプラグインです。

wordpress-plugin-6

ある程度、記事が多くなり、SEOが効いてくると一日に10件や20件のスパムコメントがつくことがしばしばあります。そこで役に立つのがAkismetです。

Akismetは、最初からインストールされているものの有効化はされてませんので、手動で設定をする必要があります。

設定方法に関しては、All Fineさんの「Akismetの設定方法」で紹介されているので、チェックしておこう。

> Akismet

最後に

最後に紹介したプラグインを列挙しておきます。

  1. ShareBar
  2. WP Social Bookmarking Light
  3. Open Graph Pro
  4. All in One SEO Pack
  5. Google XML Sitemaps
  6. Broken Link Checker
  7. Popular Posts
  8. PostPost
  9. Yet Another Related Posts Plugin
  10. DB Cache Reloaded Fix
  11. Tiny MCE Advanced
  12. WPtouch
  13. Pretty Link Lite
  14. Contact Form 7
  15. Akismet

これらが私がおすすめするWordPressのプラグインです。ここで紹介したものはこのブログでも使われているものばかりです。紹介したプラグインがあなたが運営するWordPressブログの参考になれば幸いです。

また、今回、紹介しきれなかったプラグインなどについては随時、更新していくので、合わせてチェックして頂けると幸いです。


ダウロード版もご利用ください

シェアする

最新情報の受け取り方法

わざわざブログに訪問しなくても、リッチマーケティングの更新情報を自動で受け取ることができます。一番、便利な受け取り方法をお選びください。

Trackbacks

  1. […]   @とりあえず、片っ端からやってみる WordPressブログに必ず導入しておきたいおすすめのプラグイン15選.   @とりあえず、片っ端からPart2 絶対に導入しておきたいWordPressプ […]

Speak Your Mind

*